日帰り手術でほうれい線を消す方法

仙台の美容皮膚科を探しに行こう 老け顔の原因のひとつ、ほうれい線を消す方法として
美容皮膚科で日帰り手術を行うという選択肢があります。
日帰り手術

手術には主に「ヒアルロン酸注入」「高周波治療」「フェイスリフト手術」があります。

ヒアルロン酸が不足すると、肌の張り・うるおいが減少してしまい、
ほうれい線やしわができやすくなります。

そのため、ヒアルロン酸を注入することで、すぐに効果が実感できるほどの
違いがあらわれ、半年~1年程度はその状態を維持できます。

高周波治療は、その名の通り高周波を用いて肌のタンパク質を破壊し、
創傷治癒を促して張りのある肌を作り出そうとする方法です。
ハリのある肌

コラーゲンを生成する細胞を活性化することで、半年程度の持続効果があります。

フェイスリフト手術は耳の周りを切開して、皮膚の下の筋膜を持ち上げて、
顔を引き締める方法です。これは効果が10年程度と長く続くのが特徴です。

他の2つに比べて高額になりますが、その分長くほうれい線を薄くし続けられます。
ほうれい線を手っ取り早く消したいならば、専門の美容皮膚科に行くのが一番ということです。

Copyright(c) キレイになる為に All Rights Reserved.